スペシャルレビュアー

ガールズロックバンド 「 Split BoB 」 《Special Reviewer》

LINEで送る
Pocket


 
スペシャルレビュアー企画第9弾!!
 
今回は、高校生時代のクラスメイトによって結成された5人組ガールズロックバンド 「Split BoB (スプリットボブ)」にインタビュー!
高校卒業記念に制作したデビューアルバムが、タワーレコード週間インディーズチャート第1位を獲得した実力派バンド。
確かな演奏力と圧倒的な存在感を出す彼女たちは、いかにしてファンを魅了するのか。
彼女たちの醸し出すオーラには、そのヘアスタイルにも大きく関わっていました!

音楽だけにとどまらない、今後の活躍間違いないSplit BoBをご紹介します♫♫
 
 

FORGET ME NOT

── 高校生のクラスメイトによってに結成されたバンドとお聞きしました。

 
ゆり:高校2年生の時に、私がボーカルのこはるをバンドに誘ったのが始まりです。こはるとは幼馴染でお互いの家も近く、当時から歌が異常に上手いのを知っていたので、バンドに誘ったんです。
 
こはる:遊んでいるときに、急に持ちかけられて(笑)。そのときは、軽いノリで「いいよ!」と二つ返事で始めました!
 
ゆり:そのあと、同じく幼馴染だったキーボードのさとみを誘い、クラスメイトで仲が良かったギターのなつみとベースのあゆみを誘い、5人組でバンドを組むようになりました。
 

── Split BoBという名前にはどういった思いが込められているのですか?

 
ゆり:結成した高校2年生の時に、「ボブヘアー」っていうのが大流行しました。とてもかわいい髪型で、周りがボブにする子が多かったんです。そこから発想が浮かび、そういう「流行りに流されない」、自分らしくいられるバンド、音楽をしていきたいと思い、「ボブを切り裂く」という意味の「Split BoB」というバンド名をつけました。
 
こはる:名前の意味としては、少し尖ったバンドですが、「テレビを見ている」、「お茶をすすれる」くらいの感覚で聞ける音楽です(笑)。どんな年代にも聴きやすい音楽になっていると思います。
 
 
《高校時代に作曲した「FORGET ME NOT」》

 

ライブにかける想い

Vocal &Guitar こはる

── どんな思いでライブをされていますか?

 
こはる:好きなアーティストのライブって、気持ちがこもっているからこそ笑えるし、泣けるんだと思います。ただがむしゃらに歌うのではなくて歌う言葉ひとつひとつに想いを込めています。それで笑ってくれれば嬉しいし、泣いてくれれば嬉しいし。歌っていると逆に自分が泣いてしまうことだってあります。
 
なつみ:バンドの練習がどれだけ辛くてもライブをするととても楽しいんです。 その楽しい時間のために練習も頑張ろうと思いますし、音楽はライブにしか見れない、感じられないものがあるから、それをファンの方にも伝わるように魅せることを意識しています。
 
 

Guitar なつみ

── Split BoBのライブからはすごくオーラ、存在感が感じられるのですが。

 
こはる:バンド始めた当初は、私たちはバンドなんだから音楽だけでやっていけばいいと思っていました。ですが、いざステージに立つと自分が小さく映っていると感じていたんです。2年前に東京に来て、他のバンドのパフォーマンスを見るとなぜかオーラがあり、かっこいいと感じていました。みんなでどうしたらオーラって出るんだろうと考えました。考えてみると、そういう人たちは一貫して、衣装や、メイク、ヘアスタイルなどのこだわりが凄かったんです。「そういうとこなんだ!」と思い、見た目を意識するようになりました。
 
あゆみ:当初のSplit BoBはファッション、髪型、メイクなどとても疎かったので、見た目などを全部替えるようにしました。すると見違えるくらい変わり、バンドとしてひとまわり大きくなり、パフォーマンスの質もあがったような気がします。
 

── どういう方にライブを見てもらいたいですか?

 
こはる:どんな年代の方にも見ていただきたいと思っています。今の楽曲は私たち等身大のメッセージというよりかは、少し大人びた、今の心情よりもかっこいいことを伝えられることにこだわって歌詞や曲調を考えた曲が多いんです。最新アルバムの「なんでなんでなんで」は歌謡ロックといったテイストということもあり、聴きやすい曲になっていると思います。

今までは私たちと「共感する」というメッセージ性とは少し違う側面で楽曲制作をしていました。
実は今後、より今の私たちの全てをさらけだし、さらにリアルなSplit BoBが伝わる曲を作っていこうと新しいチャレンジをしています!
 
 
《最新アルバムより「なんでなんでなんで」》

新たな展開へ

Drums ゆり

── 新しいチャレンジ?

 
こはる:今までは、強めロックなイメージの曲が多かったんですが、ダンサンブルな曲にも挑戦していこうと、変革をして曲作りをしています。
 
あゆみ:私たちの作る音楽の根本は変わらないのですが、ダンサンブルをSplit BoBに取り入れることによって、さらにたくさんの人に聞いてもらえると思っています。もともと踊れる曲、ノリの良い曲っていうのはメンバーみんなも好きで新しい曲を楽しんで制作しています。音楽をする人は踊れたほうがいいと昔から言われていて、踊りもやってみようかって(笑)
 
ゆり:実際ライブで踊ることはないんですが(笑)
 
こはる:私の場合、クールな声で歌う曲が多く、歌謡曲に合う声?(笑)と言われていて、ダンサンブルに合うか最初不安もあったのですが、いざ歌って見ると「明るくなっていいね!」と意外とマッチしました。
 

── 転換期をむかえる今、何を目指しますか?

 
ゆり:紅白、Mステに出られるアーティストになっていきたいです。誰にでも聞いてもらえるアーティストになっていきたいです。
 
あゆみ:ライブハウスの活動だけではなくて、エンターテイメント性もさらに高め、みんなが知っているバンドになっていきたいです。
 
こはる:新生Split BoBを楽しみにしてください!
 
 

ヘアスタイルのこだわりとおすすめ美容室


 

── ヘアスタイルのこだわりを教えてください。

 
あゆみ:私にとってヘアスタイルは自分をどうイメージさせるかにおいて大きなポイントだと思っています。キャラクターをたたせるってことを重要視しています!でもキャラクターがたつヘアスタイルって自分が思う髪型と実際似合う髪型が全然違うのでメンバー同士で言い合って今のヘアスタイルになっています。
 
なつみ:言い合った結果、私においては、今まで黒髪にこだわりを持っていてずっと黒髪にしていたのですが、メンバーに「絶対金髪が似合うと」と勧められて、嫌々だったけど、やってみると印象がびっくりするほど変わって今では気に入っています(笑)
 
こはる:私は、黒髪がほんとに嫌で、むしろ明るくしたいと思っていた矢先、周りに勧められて渋々黒髪にしたのですが、やってみると意外とよかったんです。いずれは髪をバッサリ切りとショートカットにしたいと思っています!
 
ゆり:その時は私が代わりにロングにする予定です(笑) 
 

── 失敗しない美容室選びのコツを教えてください

 
こはる:ネットに載ってあるスタイリストさんの得意なスタイルは必ず確認しています。例えばショートカットが得意とか、カラーに特化しているとか。美容師さんにも得意なスタイルがあるので自分がしたいヘアスタイルが決まっていると、それに合わせて選んでいます。
 
あゆみ:そうだね。後は、お店にったときに、「このスタイルが得意と聞いて来たのですが」、「こういうイメージでやってもらいたい」とネットだけ見てそのままにするのではなく、実際サロンに行った時にしっかりと伝えたほうがいいと思います。
 
 

Bass あゆみ

こはる:その美容師さんの自分がしたいヘアスタイルを画像で見せたりして、私は施術の前のカウンセリングでめちゃくちゃ喋ります(笑)。
 
あゆみ:逆に、こういうヘアスタイルにしたいけど、ここまではしてほしくない、やってほしくないこともあると思います。やってほしくないことを事前に伝えておくと失敗することは少ないと思います。 
 

── おすすめ美容室を教えてください

 
私たちがおすすめする美容室は地元愛知にあるリジェールと恵比寿にあるRockets Tokyo Hair Createです。

私たちはPV撮影の時など、ヘアメイクさんにカットやセットしてもらうことがあるのですが、そのご縁もありお伺いしています。Rockets Tokyo Hair Createのフリーヘアースタイリストである堂園 直樹さんは手つきに迷いがなく、お絵描きしてるみたいにその人の個性を生かす技術で私たちを素敵に仕上げてくださいます。体験したことがない、自分では絶対やってくれないスタイルをしてくれてびっくりしてしましました。

 

── 最後に記事を見ていただいている方へメッセージをお願いします!

 
ゆり:夢があって、やりたいことがある人は、時に見えるものが狭くなって息苦しく感じることがあると思います。そんな時は、遊んだり、映画見たり、ご飯食べたりといろんなことをすると気持ちも軽くなります。辛くなったときは、やりたいことを好きにしてみることも大切だと思います。夢があるだけで人生は楽しいです!!
 
こはる:Split BoBは夢を叶える気持ちでパワフルに活動してきたので、その思いを詰め込んだ曲がたくさんあります。私たちとは違う道ではありますが同じ夢を持つもの同士パワフルな気持ちでこれからも前に突き進んでいってもらえるよう、Split BoBの歌が支えになってくれたら嬉しいです。
 
なつみ:今までバンドやってきたのですが、何も行動しなかったら今の状況はないだろうし、勇気はいるけど、やらないことで後悔するのが嫌です。やりたいことに何かつまづいている人がいたら、なんでもいいから一発!!勇気出しで前に踏み出してほしいです!
 
あゆみ:もともと私は髪の毛やファッションに興味なかったんですがちゃんとすることで楽しい気持ちになりました。これからサロモに挑戦したい人、やりたいことがある人は、それに突き進んで欲しいです。やってみることで見える世界がガラッとわかるかもしれません。もし辛いことがあったら寄り道してもいいし、寄り道したままどっかいっちゃってもいいと思います。一緒に頑張りましょう!
 

 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?
 
高校時代からのメンバーということで、他のどのバンドよりも結束力が強いSplit BoB。そんな彼女たちの音楽を語るかっこいい姿とヘアスタイルについて話す姿のギャップにどこか新鮮な気持ちになりました。今後の変貌にも期待が止まりません。
 
ヘアログは今後ともをSplit BoB応援していきます!
この度はどうもありがとうございました!!
 
 
▽▼ Split BoB オフィシャルサイト ▼▽
http://splitbob.com/
 

LINEで送る
Pocket

hairlog

ヘアログをフォローして最新記事をチェック!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です