お役立ち情報

ヴィダル・サスーン(Vidal Sassoon)

LINEで送る
Pocket

出典:映画.com

「ヴィダル・サスーン(Vidal Sassoon)」
 
シャンプー、ヘアアイロンなどのヘアケア商品で有名なヴィダル・サスーンを皆さんはご存知ですか?

このヴィダル・サスーンは「世界中の女性を変えた」と賞賛される、世界に最も影響を与えたヘアスタイリストの名前からとられました。
 

ヴィダル・サスーンほど業界そのものを変革した人物はいないだろう。

車業界を変えたのはヘンリー・フォード一人ではない。テクノロジーを革新したのはスティーブ・ジョブズ一人ではない。だがヴィダルは一人で現代美容界のあらゆる側面を変えた。

 
今回は2012年日本で公開された彼の生涯を追ったドキュメンタリー映画を通じてヴィダル・サスーンについてお話したいと思います。
 

「予感がするの、あなたは美容師になるわ」

出典:ALES INTERNATIONAL

これはサスーンの母の言葉です。
この一言が今後のサスーンの人生を大きく変えていきます。
 
サスーンは1928年イギリスはロンドンで生まれました。孤児院で育ち、ユダヤ人排斥の波の中で戦争と貧困を生き抜きます。貧しい母子家庭に育ち、5歳のときにユダヤ教会の孤児院に入り、11歳まで過ごすようになります。
 
サスーンは母の教えから当時のトップサロンで修行をするようになります。そこでは毎朝、ズボンはプレスし、靴も磨いて爪も綺麗にと命じられました。当時の師の厳格さがその後に影響を与えとサスーンは言います。
 

芸術の域に達していなかった美容を新しいアートにしたい

出典:映画.com

当時の女性達は週に2、3回ヘアサロンに通っていました。ヘアカットは髪の流れに逆らい、パーマと逆毛で盛りって高さを作り、ドライヤーでセットしてスプレーを振る。「グラマラスで、ロングヘアな女性こそ美女」という固定概念がありました。

そんな旧態依然とした美容界を断固たる信念を持ってサスーンは抵抗し続けたのです。
 
 
変化しなければ時代に取り残される
 
 
その後、有名美容師の元でも働いたが従順であったわけではなく、独自のスタイルを継続していきます。サスーンは1954年、ロンドンのボンドストリートに26歳のとき自身のお店を構えるようになりました。

最初のお客さんは3人。商売は甘くないと痛感します。だがサスーンはそこで、強くいかに変革するかを一人で考えるようになり、その結果、1963年、サスーンは古典的なボブカットを元とする、新たなヘアスタイル、『サスーンカット』を発表することになります。
 
 

出典:ALES INTERNATIONAL

 
 
この世界的有名なファッション誌「VOGUE」の表紙である「ナンシークワン」の写真は見たことのある人も多いかと思います。
 

美容界の最高傑作「ファイブポイントカット」

出典:映画.com

ファイブポイントカットとは、大小5つのトライアングル(鋭角にカットされた箇所)から構成されたヘア・カットのこと。指でかきあげても、すぐ元にもどり余分な部分がどこにもなく、これ以上のものはできないとも言われています。これは、世界のヘアモード界を一変させた画期的作品であり、サスーンの最大の作品となりました。

サスーンのカットは特異的なもので、普通は手だけでカットするが、サスーンは全身でカットしていたそうです。

髪を切りながら踊っているようだった

サスーンは常々、髪の流れを生かすことを提唱してきた。
ブラッシングしても手ですいても元に戻る「ウォッシュアンドゴー(洗ったまま何もしなくても出かけられる)」を生み出したものもサスーンです。
 
「私にとってヘアスタイルは幾何、角度、骨の構造、カット、不均衡な形の複合体
それを骨格にあうようにデザインする」
 
「カット前に顔を分析し、骨格を知り、骨の高さを研究することで、どの角度から見ても盲点がないカットを徹底するんだ」
 
「ヘアカットはお客をイスに座らせてチョキチョキすることじゃない。その人の骨格を研究することなんだ。」
 

サスーンとミニスカート

出典:東京美術通信

ミニスカートを生み出し、カラフルなデザインのタイツを考案したファッション・デザイナーの「マリー・クワント」。現在では化粧品などファッションブランドにもなっていますが、2人は実は密接な関係でありました。それは彼の人生において特に注目すべき出会いでした。ヘアーカットの為にマリー・クワントがサスーンのサロンに訪れ髪を切ったのです。この二人の出会いこそ、以降のファッションとビューティーの歴史をひとつにしていきます。
 

クワントの服をきてサスーンの髪型にすれば伯爵夫人さえ身分を隠せる

イギリスのイメージを根底から変えた

 
サスーンとマリー・クワントは階級社会であった当時の女性の位置づけを大きく変えました
 

人生は決しておとぎ話のままでは終わらない

出典:UPLINK

その後サスーンは「他の人が寝ている間にお金を稼ぎたい。」と考えるようになり、サスーンブランドを制作。現代美容の象徴としてヘアケア用品を売り出して大ヒットさせたり、アメリカのトーク番組の司会を担当したりと、彼はヘアデザイナーの枠を飛び越え、多彩で器用な才能を発揮するようになります。
 
現在でも彼には賞賛の声が後をやむことはありません。

髪型やメイクなどにおける彼の革命的な創造性はデザイン全般、家具、映画など視覚の世界を変えた奇跡の美容師だわ

流行は移り変わるが、サスーンの影響は消えることはない彼こそが女性を解き放ったんだ

女性の髪を変えたのはあなただわ マリー・クワント

 
「 彼の革新的なカットが、野暮ったいサロンでの退屈な時間から女性たちを解放したのです。 」
 
 


出典:ALES INTERNATIONAL

 
 
いかがでしたでしょうか。
 
1960年代に美容の歴史を塗りかえ、女性の生き方までも変えたヴィダル・サスーンについてご紹介いたしました。自らの選択で道を切り開いていけることを深く考えさせられる映画です。ぜひご覧ください♪♪

LINEで送る
Pocket

hairlog

ヘアログをフォローして最新記事をチェック!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です