スペシャルレビュアー

《 Special Reviwer 》 – The Charlene. – 雨音 美詩

LINEで送る
Pocket

01

The Charlene.「雨音 美詩」

前回の《 Special Reviwer 》 草間 小鳥子さんからのご紹介にて、バンドThe Charlene.(シャーレイン)のVo,&Gt,としてご活躍中の 雨音美詩(あまね みう)さんをクローズアップします。UKの音楽とファッションをこよなく愛する彼女のファッション+ミュージックについて、詳しくお伺いして来ました。


Q. まずは音楽を始めたキッカケを教えてください。

中学校の時に「THE BEATLES」や「THE ROLLING STONES」といったUKロックにはまりました。
私は世代的に言えばドンピシャじゃないけど、主に60sの古めかしいUKミュージックに魅力を感じたんです。
幼少の頃から習い事でピアノをやっていたので、そのころ既に作曲なんかをしてみたり…。
ま、恥ずかしくて聞けるレベルじゃなかったですが(笑)
本格的にバンドは始めたのは大学生になってからです。
青山学院在学中に、ペンパルズやラブサイケデリコの出身サークルであるACMに所属しました。
その後は何としてもデビューしたい、チャンスを掴みたい一心でアイドルになったものの、音楽とは遠ざかるばかりで…。
楽しかったし素敵な経験もたくさんしましたが、事務所もやめてwebデザイナーの学校に通いました。
でもやっぱり表舞台が捨てきれず、そんな時に受けた小学館のCanCam新世代モデルオーディションで、応募総数21,608通の中から100人のセミファイナリストになれたこと。
これが大きな転機ですね。

Googleプラスで開催されたSNS連動型のオーディションだったのですが一気に大勢の人とつながる事ができて、もう一度音楽と向き合ってみる事にしました♪

02


Q. The Charlene.は主にどういった活動をされていますか?

03

ジャンルはやっぱりUKロックメインです!
二月発売予定の1stシングルも、わかる人が聞けば「OasisやRideなどの90年代のUKロックやMy bloody ValentineやSlowdiveなどのシューゲイザーが好き」ってわかってもらえると思います(笑)

昨年の9月に渋谷La.mamaでライブをして以降は、1stシングルの制作でスタジオワークが中心になりました。
これについては、プロデューサーのMACさん、レコーディングエンジニアの井淵将良さんに囲まれ、普段のリハスタとは違うレコーディングスタジオという環境でのレコーディングでした。
サポートメンバー含め経験豊かなチーム、レベルの高い空間の中での自分の未熟さを思い知らされたり、ダメ出しに打ちのめされたり。
でもお陰様で、数々のアドバイスは勉強になったし、レコーディングも95%を終え、仕上がってきている曲もとても良くてその甲斐があったと思っています!


Q. ファッション・ヘアスタイルへのこだわりはありますか?(私生活・ステージ)

ファッションは、基本的にFred Perryばっかり着ています!
本当に上から下までこればっかり!!(笑)

これは音楽からの影響をかなり受けていてやはりUKのもの(モッズファッション)が大好きです!
ステージでも私生活でも基本はそんなに変わらないんですが、ステージではよりメンズライクなジャケットなどを選ぶ様にしています。

ヘアスタイルは、これもやはりイギリスの方をイメージしています!

60年代のスウィンギングロンドンのカルチャーが好きで、マリアンヌ・フェイスフルやジェーン・バーキンなど、可愛いロンドンガールに憧れます。
流行のヘアスタイルもあるけど、私は自分の好きな文化や時代を取り入れていきたいと思いますね♪

05


Q. ご愛用のギター(グレッチ ホワイトファルコン)、これを選んだ理由はありますか?

06

もう10年くらい使用しています♪

邦楽ROCKで好きな「ミッシェルガンエレファント」のVo,チバさんが使用していて憧れのギターでした!

購入したキッカケは完全に勢いです!(笑)
楽器の街、御茶ノ水をプラッとしていた時、たまたま店頭にあるのを見つけてしまい、運命だと思って購入しそのまま持って帰りました!

真夏でギターケースも重く汗だくになって持って帰ったのを今でも覚えています(笑)


Q. 今後の展望や目標はありますか?

2月14日に発売の両A面の1stシングル「Morning Bless」を皮切りに、同じタイミングでアルバムプロジェクトをスタートさせます!
それがうまく行けば夏にはアルバムのレコーディングに入ります。 現在は私とGt,の鈴木さんの2名ですが、The Charlene.というバンドに共感してくれるメンバーを現在募集しています。
最終的には5人編成でライブ活動も今より増やせたらと思っています。

アルバムプロジェクトについては今はあまり公表できませんが、HPなどで随時情報を公開していければと思いますので、気にしていただける方は是非チェックしてみて下さいね♪

The Charlene. 公式HP : http://thecharlene.com/

04


08

The Charlene.(シャーレイン)
http://thecharlene.comバンド名の由来は、太陽系の果ての氷の星、冥王星に浮かぶ月シャロンから。
シャーレインは造語。

現在の正式メンバーは、
Vo.&Gt. 雨音美詩(Miu Amane)
Gt.鈴木克典(Katsunori Suzuki)

雨音 美詩さん(The Charlene.)

現在はサポートメンバーを加えて活動中。

2月14日には、MAC氏プロデュースによる1st EP「Morning Blass」を発売。

UK Rock、Creation Records、Brit Pop、Oasis、My Bloody Valentine、Slowdive、Ride、The Verveなどのルーツを感じさせる海の水の揺らぎのようなギターサウンドと甘く儚いボーカルが合わさった世界観はバンド名のルーツとなっている永遠の冬の星を思わせるものとなっている。
作詞の全てと、ほとんどの作曲は雨音美詩によるもの。
歌詞全体に漂う、暗い闇の中にあるひとすじの希望を信じていたい願いと、どこか切ないメロディ。
愛用のギターは雨音美詩が、世界一美しいギターと言われているグレッチのホワイトファルコン。グレッチはビートルズ初期のジョージ・ハリスンのデュオジェットでも有名。

また、鈴木克典が愛用のリッケンバッカーは同じくビートルズのジョンレノンが愛用していたことで有名。

また現メンバーは二人ともフレッドペリーをライブでも私服でも好んで着用、スウィンギングロンドンなど音楽のみならず、ファッション、カルチャーも含め、イギリスをこよなく愛するバンドである。

twitter : https://twitter.com/rock_miu
Google+ : https://plus.google.com/112664894591690795183/posts


最後に、雨音さんが利用するオススメ美容室情報とともにお別れしたいと思います。

HAIR STUDIO CRIB  (上野駅

前に行きつけだった美容師さんが2人連続で出産・退職してしまい、ジプシーになっていた時に友達に紹介してもらいました!

ハイトーンカラーが得意(オススメ)というのを聞いて、今回はアッシュ系カラーってオーダーで後は全部お任せしました♪

仕上がりはとても満足でした☆

こじんまりとした店内で隠れ家的なお店です!オーナーも話し易くて良い人なのでまるで家にいるみたいでした♪
とても居心地がいいです!(^^)!

アドバイスや説明も凄くしっかりしていて、こだわりがある職人さんって感じでした。
やっと一つのお店に落ち着けそうで良かったです。

LINEで送る
Pocket

ヘアログをフォローして最新記事をチェック!

One Comment

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です