お役立ち情報

「美容室」と「美容院」どっちを使う?どっちが正しい?



あなたは「美容室」と「美容院」、普段どちらの呼び名を使っていますか?どちらが正しいか知っていますか?

 

「美容室」と「美容院」の違いについて

 

「美容室」と「美容院」、意味に違いはありません。

「美容室」=(イコール)「美容院」です。

ただ単に、呼び方の違いだけです。

他にも「ヘアサロン」と使うこともありますが、「美容室」「美容院」ほど多くは使われていませんし、理容室を指して「ヘアサロン」と呼ぶことが多いです。

それではなぜ「美容室」「美容院」と主に2つの呼び方が使われているのでしょうか?

 

一般的には「美容院」

 

主な辞書で調べると「美容院」が掲載されており「美容室」が掲載されていません。

そのためか、一般的には「美容室」よりも「美容院」の方が正しいという認識で、一般的に「美容院」が使われることが多いです。

 

「美容院」派 ⇒ 一般的(一般ユーザー)

 

業界関係者は「美容室」

 

一般的には「美容院」と説明しましたが、「美容室」派の人が多くいます。

それは美容室業界関係者です。

美容師さんや美容室業界関係者は「美容室」を主に使います。

学生時代に「美容院」派だった人が、美容室業界に就職してから「美容室」派になった人も多いです。

なぜ美容室業界関係者は「美容室」を使うのか?

これは諸説ありますが、「美容院(びよういん)」を「病院(びょういん)」に聞き間違いが無いように配慮したことが理由です。

お店の名前も「〇〇美容室」「美容室△△」と美容室ばかりです。

 

「美容室」派 ⇒ 業界関係者

 

正しくは「美容所」

 

それでは「美容室」と「美容院」、どちらが正しいのでしょうか?

辞書によっては「美容院(美容室に同じ)」「美容室(美容院に同じ)」とも表示されていますので、どちらも正しいと言えるでしょう。

ただ正しさを追求して言うと、美容師法に記載のある「美容所」が正しいでしょう。

美容所(びようしょ)とは、美容(パーマ、結髪、化粧など容姿を美しくする)の業を行うために設けられた施設、あるいはその建物。美容師法により規定されており、開設には都道府県知事への届出が必要となる。一般的には美容院(びよういん)、美容室(びようしつ)とも呼ばれている。
引用: wikipedia

 

正しさで言うと「美容所」かもしれませんが、一般的に使われている言葉ではありません。

「美容所」なんて使ったときには、どこの役所の人?と思われかねません。

 

みなさんは「美容室」「美容院」のどちらを使われても良いと思いますが、「美容室」と使うと業界関係者からは「同業の人かな?」と思われるかもしれませんね。

 


ヘアログをフォローして最新記事をチェック!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です