お役立ち情報

3人に2人が対策していない!「どれくらい髪の紫外線対策をしていますか?」のアンケート調査


調査概要

あなたは髪の紫外線対策をしていますか?

 
「毎日外出するので日焼け止めスプレーをして対策している」
「たまに帽子を被ったりするくらい」
「紫外線は気にするも、髪へのダメージを気にしたことが無かった」
 

今回は、全国の20代〜50代の男女を対象に「どれくらい髪の紫外線対策をしていますか?」のアンケート調査を実施しましたのでご紹介いたします。

 

調査対象 全国の20代〜50代の男女
回答数 100
調査期間 2024年7月3日~ 2024年7月4日
調査方法 インターネット調査

回答者属性

男女

年代

都道府県

職業

 

約3人に2人が髪の紫外線対策をしていない


 
「どれくらい髪の紫外線対策をしていますか?」の質問では、『入念に対策している』が7%、『適度に対策している』が28%、『あまり対策していない』が35%、『全く対策していない』が30%という結果となりました。『あまり対策していない』の35%と『全く対策していない』の30%を合計した65%の人、約3人に2人が髪の紫外線対策をしていないことがわかりました。

 
以下にそれぞれの理由をまとめました。

 

◾️入念に対策している
  • どこ行っても必ず日傘や髪用日焼け止めシュシュなどで対策をしています(30代/女性/東京都/正社員)
  • 毎日、日中自転車に乗るため紫外線で髪や頭皮が焼けて傷んだら嫌なので、日焼け止めスプレーをしたり帽子をかぶって対策している。(30代/女性/兵庫県/パート、アルバイト)
  • 髪が痛んだり白髪になるのを防止したいから。(30代/女性/茨城県/無職)
  • 頭皮のシミやソバカスなどの対策のために、合わせて髪の対策も入念にしています(20代/男性/東京都/正社員)

 

◾️適度に対策している
  • 何かのネット記事で「紫外線が原因でハゲる可能性がある」「紫外線の影響で白髪が増える」というのを目にしてから、夏場は紫外線対策としてUVカットの帽子をかぶってなるべく出掛けるようにしている。(50代/男性/長崎県/正社員)
  • 日焼けで髪がパサパサになるので、オイルや帽子でカバーしてます(40代/女性/大阪府/パート、アルバイト)
  • 忙しいため必要最低限で帽子を被ったり、スプレーをしたりしています。(50代/男性/大阪府/正社員)
  • 紫外線に当たると髪がパサパサになるので、まとまりが悪くなる。念入りにしたいけれどコストもかかるので、日傘を使う事で対策している。(40代/女性/奈良県/パート、アルバイト)
  • 髪が年齢と共にダメージを受けやすく傷んでしまうので。(50代/女性/埼玉県/パート、アルバイト)
  • 紫外線で髪を痛めたくないため(20代/男性/静岡県/学生)
  • 夏場は紫外線が強く、髪の毛が傷んでしまうので、ウォーキングなどで外出する際には帽子をかぶるようにして紫外線対策を行っています。(50代/男性/茨城県/正社員)
  • 外出するときは、天気にかかわらず、帽子をかぶることが多いのだが、それが間接的に紫外線対策にもなっているから。(40代/男性/東京都/自営業、自由業)
  • 日傘を夏場はするようにしているから。(20代/男性/千葉県/正社員)

 

◾️あまり対策していない
  • 帽子を被るくらいです。紫外線防止のスプレーなど髪に何かをつけるのはあまり好きではないので。(40代/女性/神奈川県/正社員)
  • 帽子をかぶるくらいの対策です。他にどうして良いのかよくわかりません。(40代/男性/北海道/正社員)
  • どのような悪影響があって、どういった対策が必要かなど調べたことがないため。対策としては外出時に日傘をさす程度です。(30代/女性/広島県/その他)
  • 日差しが強いときに日傘をさすくらい。髪の紫外線対策について何も知らない。(40代/女性/宮城県/パート、アルバイト)
  • 顔の紫外線対策で日傘、帽子を使用はしているが、髪に対する対策ではなく、日焼け止めのスプレーも頭にも使用していない。あまり紫外線による髪のダメージまでは意識できていないが、年齢的に頭皮へのダメージはそろそろ気になってきた。(30代/女性/熊本県/正社員)
  • 対策していた時期もありますが、あまり実感がなかったので気にしないようになりました。(20代/女性/埼玉県/正社員)
  • 帽子を被る程度の対策で、髪というより肌や目から入ってくる紫外線を防止しているイメージの対策です。(40代/男性/大阪府/正社員)
  • 日が強い時は、髪が焼けないように帽子を被る程度で他は何もしていないからです。(30代/男性/愛知県/正社員)
  • UVの入ったヘアスプレーなどは髪の毛がきしむ感じがして苦手だからです。長時間外を歩くときは帽子を被ったり、日傘をさしたりしますが、少しの時間であれば面倒なので何もできていないです。(30代/女性/宮城県/自営業、自由業)
  • 帽子を被ったり日傘をさしたりしている程度だから。(30代/女性/東京都/パート、アルバイト)

 

◾️全く対策していない
  • 髪に紫外線対策が必要だとは考えたこともなかったから。(30代/女性/山梨県/パート、アルバイト)
  • 髪の紫外線対策について考えたことがなかったので(30代/女性/奈良県/専業主婦)
  • 髪に対する紫外線の影響の知識が無いので対策はしていません。(50代/女性/愛知県/専業主婦)
  • 肌の日焼け対策だけで精一杯だから、髪にまで気を遣えていない。(20代/女性/茨城県/専業主婦)
  • 顔や腕には日焼け止めを塗りますが、そもそも髪に紫外線対策をする必要があるのか疑問だから何もしてません。(30代/女性/広島県/専業主婦)
  • 髪はその下にある頭皮を守ってくれるものだから。(40代/男性/千葉県/正社員)
  • 髪に紫外線対策の必要があることを知りませんでした。(40代/男性/福岡県/派遣社員、契約社員)
  • 紫外線と髪の関係を気にしたことが無いからです。(50代/男性/愛知県/無職)
  • せっかく紫外線対策のスプレーをかけても髪から滴るくらいの汗で流れてしまう。帽子をかぶると潮を吹いたように白くなるので被れない。(40代/女性/兵庫県/正社員)
  • 肌には日焼け止めを塗ったりするが、髪は考えたことがなかった(40代/男性/埼玉県/自営業、自由業)





 

まとめ

「どれくらい髪の紫外線対策をしていますか?」のアンケート調査を行ったところ、『あまり対策していない』が35%、『全く対策していない』が30%となり、合計した65%、約3人に2人が対策を行なっておらず、髪の紫外線対策に対して関心が薄いということがわかりました。
 
対策していると回答した人の意見では、「ハゲ・薄毛の防止のため」、「髪のパサつきやダメージ防止のため」という意見が最も多く見受けられました。特に暑い夏場は日焼けで髪へのダメージが大きくなるので、外出の際には帽子を被ったり、髪の日焼け止めスプレーをつけたりする人が多いようです。
 
対策していないと回答した人の意見では、「髪の紫外線対策の方法がわからない」、「髪に紫外線対策が必要だと考えたこともなかった」という意見が最も多く見受けられました。肌に対する紫外線対策は行うものの、髪の紫外線対策の方法がわからない人や、そもそもの必要性を感じていない人が大半を占めていました。
 
肌と比べると髪の紫外線対策は見落とされがちですが、髪の毛への紫外線ダメージは傷みやパサつき、変色を引き起こす原因となります。
夏は特に紫外線の量が増える時期ですので、帽子を被ったり、UVスプレーなどで髪の紫外線対策もしっかりしていくと良いでしょう。
 
 

《調査結果の引用・転載について》

本レポートの著作権は、株式会社ノーマリズムが保有します。
引用・転載される際は、「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )へのリンクと出典を明記してご利用いただくようお願いします。
調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。