お役立ち情報

美容院で店販商品が売れるコツは?お客様に聞いた“店販商品をつい買いたくなるアイデア”まとめ。



先日「美容院での店販商品の購入に関するアンケート調査」を実施し結果を発表しましたが、その際「店販商品をつい買いたくなるアイデア」をヒアリングしておりましたので、ピックアップしてご紹介したいと思います。

 

《適切に説明し勧める(19票)》

  • 効果を大々的にアピールする。(20代/男性/大阪府/正社員)
  • 具体的にその商品を使うことで髪にどのような効果があるのか教えてくれると買いたくなります。髪の悩みを自然と聞いてくれて、それを解消するための商品をすすめてくれると試しに買ってみようかなという気持ちになります。(30代/女性/長崎県/専業主婦)
  • 私が担当してくれる美容師さんは、いつも施術後に手書きでメッセージをくれるのですがそのメッセージ内容に今日行った施術の詳細や流れ、またどんなケア剤がお勧めです。などコメントを記してくれるのでそれを参考して購入しました。(30代/女性/北海道/パート、アルバイト)
  • その商品の特徴やメリットを説明してもらえるとその場で買おうと思える。(40代/女性/東京都/正社員)
  • 市販の商品との違いをしっかり説明いただくことと、私がそれを使用するメリットを教えていただくことだと思います。また、こちらから店頭商品についてお聞きしなくても、その商品を使った方が良いと担当美容師さんが思われる場合は積極的に説明いただいたら良いと思います。(50代/女性/東京都/自営業、自由業)

▼もっと見る

  • 効果に対するお値段が良いかどうかが分かるように伝えることだと思います(20代/女性/大阪府/専業主婦)
  • ここがいいという説明を施術中にしてもらい、少しでも割引がきいたら買いたくなるかもしれない。(30代/女性/福岡県/無職)
  • 会話が盛り上がって信頼関係が出来上がってきた終わり頃のタイミングで勧められるとついつい購入してしまう。(30代/女性/広島県/専業主婦)
  • 信頼できるスタイリストさんから商品を勧められたり、実際に使ってもらったら買いたくなります。(40代/男性/愛知県/正社員)
  • 商品の良さやお客さんがどんな悩みを持っていてそれを解消できる商品を的確に勧めることだと思います。(30代/女性/愛知県/パート、アルバイト)
  • 使い方とか詳しく教えてくれると自分でも上手く使えそうと思って欲しくなると思います。(20代/女性/千葉県/正社員)
  • お会計の際に商品PRをする(30代/男性/東京都/自営業、自由業)
  • 自分の髪をよく理解してくれている美容師さんが自分のために勧めてくれること。(40代/男性/神奈川県/正社員)
  • 効果的な使い方の説明があれば嬉しいです。忘れっぽいので出来ればメモ的なものが有れば助かります。(30代/女性/埼玉県/専業主婦)
  • こちらが悩み相談したりアドバイスを求めた時に、パッと的確な回答ができると、その商品を買ってみたくなります。(40代/女性/千葉県/パート、アルバイト)
  • 初めて行った時にアンケートで、商品を勧めていいかの項目があってもいいかと思います。また、スタイリングしてくれる時や、お店で使っているシャンプーを自分と相性がよさそうと感じたら、ぜひ勧めていいと思います。(40代/女性/東京都/専業主婦)
  • お店で売りたい商品を売るのではなく、お客さんにどのような悩みがあるかをまずヒアリングが必要かと思います。それにはお客さんとの円滑なコミュニケーションが必要なのと相応の知識と技術が必要だと感じました。『この美容師さんがこれが合うと言ってるから買おう』と言った感じで、どちらかというと商品を買うというよりかはこの美容師さんから買うといったイメージです。(30代/男性/千葉県/派遣社員、契約社員)
  • その商品を使うときに実際にパッケージを見せてくれて、お店でも買えますよと教えて貰えると買いやすい。スタイリング剤なら量や使い方を詳しく教えてくれると嬉しいです。(30代/女性/京都府/専業主婦)
  • ムラシャンなどは、販売しやすいと思います。普通の薬局などでは売っていないので。あとは仕上げに商品を使って、売込みをかける。(50代/女性/埼玉県/正社員)

 

《さり気なく控えめに勧める(16票)》

  • あまりアピールが過剰だと逆に購入を控えたくなる。適度にアピールしつつ、興味があればまたどうぞ?くらいのあっさりした営業トークの方が良い。(30代/女性/京都府/正社員)
  • 売ろう売ろうという考えが見える人からは買いたくないのでさりげなく勧めてくれる人がいい。(30代/女性/愛知県/パート、アルバイト)
  • さりげなく商品をオススメすることだと思います。しつこいと購入する気がなくなるので。(30代/女性/北海道/正社員)
  • 無理に売ろうと思うのではなくて、お客さんとのコミュニケーションのなかで本当におすすめできるものがあれば、さりげなくおすすめしたらこちらも購入してみようかなと思います。(40代/女性/大阪府/専業主婦)

▼もっと見る

  • 美容師さんと話しをしているとき、髪の悩みなどをお客さんが話しをしたときに、こんなのありますよと言ってくれるといいですね。(50代/女性/東京都/専業主婦)
  • ある程度の信頼関係を築いてから、営業した方が売れると思います。ノルマがあるから購入して欲しいという営業の仕方ではなく、その悩みにはこの商品がおすすめですという営業がお互い気持ち良く、今後も付き合っていけると思います。(30代/女性/愛知県/正社員)
  • いちばんは信頼関係だと思います。いつも使ってくれている製品がこんなに良いと思うと、ドラッグストアでは売っていない市販ではまかなえない位の素晴らしい仕上がり感ですので、胸がどんどんときめきます。押しつけがましい売りはよくなく、自然が一番売れると感じます。(40代/女性/東京都/正社員)
  • 施術の最後の仕上げやセットをしてもらう時に、良いと感じると自宅でも使ってみたくなるので、店販商品を使う場合は、さりげない紹介をする。試供品を配っている美容室もあるため、試供品をお会計の時に渡すのも効果があると思う。(30代/女性/東京都/自営業、自由業)
  • あんまり押し売りしない方が買う気になる。(30代/女性/愛知県/派遣社員、契約社員)
  • あまり押しつけられたり、限定です!とアピールされると引いてしまいます。それよりはサロンのプランやサービスで体験してみて、気にいるように誘導する方が気にいるのではないかと思います。(30代/女性/兵庫県/正社員)
  • さりげなくプレゼンしながら使用して良さを体感してもらうのが1番いいと思うのと、お店でしか手に入らないオリジナルというように特別感を出すといいと思います。あとは手に取りやすい場所、特に待ち時間が暇なので香りのサンプルなど配置すれば目に入りやすいかもしれません。(30代/女性/埼玉県/専業主婦)
  • お店でのシャンプーやトリートメント、仕上げのスタイリング時に、普段から使用されていると購入しようかなと思います。お店の方から『これすごくいいんですよ?』的な事を勧められると購入する気がしなくなるので、仕上げにサラッとつけてくれたり、シャンプー時の仕上がりが良かったり、実際にスタッフの方が自分の髪に使ってくれることで、より実感できます。後日来店時にそういえばこないだのつけてくれたトリートメント良かったです!と自ら聞いた時に、『ここで販売もしてるんですよ』とサラッと教えてくれる程度だと購入してみようかなと思います。(30代/女性/熊本県/派遣社員、契約社員)
  • しつこいオススメは拒否されると思うので髪質にあったシャンプー等を勧めて欲しいです。レジから近い場所にリーズナブルな商品を置くと、ついつい買ってしまうので良いと思います。(40代/女性/埼玉県/専業主婦)
  • ゴリゴリのセールストークをされるとそれがストレスになり、もうその店舗へ行きたくなくなるので仕上げのスタイリングのときに何気なく商品の特徴だけを伝えると良いと思います。「よかったら買ってください」とかもできれば言わず、商品説明だけに留めておくと次回の来店時に購入するパターンもあります。(40代/女性/京都府/専業主婦)
  • あまり、押し付けられると商品を買うどころか、美容室そのもののイメージが悪くなります。特に、カットしているときは逃げられないので、カット中はセールスはしないほうがいいと思います。帰り際などに、さりげなくチラシを渡すだとか、商品コーナーを買いやすく陳列しておくだとかすると、買いやすいです。(40代/女性/大阪府/パート、アルバイト)
  • あまり長々と商品の売り込みをせず簡単な説明で人気があると言われると購入したくなります。(40代/女性/兵庫県/パート、アルバイト)

 

《試供品、サンプル(13票)》

  • 大体が値段の高い物なので、試供品を試したり、美容院で実際に試すことでその効果を実感できると思います。(20代/女性/滋賀県/正社員)
  • スタイリング剤は仕上げに使ってスタイリングしてもらうので買うきっかけになるけど、お家でも自分で使って試せるともっと購入につながるかと思います。なので、おすすめのものを試供品とかもらえれば購入に繋がりやすいと思います。(30代/女性/福岡県/正社員)
  • シャンプー、スタイリングなど数回分の試供品を配ってもらえたらより効果を実感できて購入したくなります。(30代/女性/広島県/正社員)
  • お客さんの手に取りやすいところに置いてあったりすると、買いやすいです。また、自分の席にちょっとしたサンプルなどがあったら手に取って試して、帰る時に購入しやすいです。(40代/女性/東京都/専業主婦)

▼もっと見る

  • お勧めされるだけだと実際の感じがわからないのでテスターなどを用いておくと良いと思う(20代/男性/千葉県/正社員)
  • 実際に使用していい物は欲しくなるので、サンプルのプレゼントはいいと思います。(50代/女性/福岡県/正社員)
  • その商品が実際に使用されていたりサンプルがもらえると買いやすい。飾っているだけのようにみえるお店は購入価格がわかりやすいと良い。あまりに何も説明がないと気になっていても逆に購入しづらいので、もし気になっている様子やメニュー表があれば説明してもらいたい。艶、ダメージ、何が気になりますか?今日は艶がでるこのオイルトリートメントをつけてみました~。商品を見せる。みたいにさりげなく特徴を説明してもらえると良かったので買おうかなと思い購入するきっかけになります。リファのシリーズも美容院でよく購入しますが、実際にお店で使っているのがきっかけになります。(30代/女性/神奈川県/専業主婦)
  • 香りや泡立ちの良さ、使い心地を実際にシャンプーして体感させてもらえる機会は多いのですが、自分でシャンプーした時でも同じような満足できる結果になるのか自宅で試さないとわからないので、3回分くらいのサンプルをもらえた方が購入したくなります。自分の髪質に合ったものを、含まれている成分の説明を含めて納得できるようにアドバイスされないと購入意欲はわきません。(40代/女性/秋田県/専業主婦)
  • サンプルを貰えると、家で普段の状態での使用感が分かるので、購入しやすい。(30代/女性/京都府/専業主婦)
  • まず、試供品をつかってもらい使用感を確かめてもらうのがいいと思いました。また、施術のときに使った商品だと実感がわかり購入するきっかけになると思います。(50代/女性/長崎県/専業主婦)
  • サンプルなどを貰えて、試しに使用できるなら、購入意欲が湧きます。(30代/女性/徳島県/パート、アルバイト)
  • サンプルをもらえる(40代/女性/東京都/無職)
  • サンプルを惜しみなく使ってもらって商品の良さを分かってもらう。(30代/女性/東京都/正社員)

 

《POPを工夫する(8票)》

  • 美容室だと知らない商品は視界に入っても流してしまう事が多いので、ネットで話題などのポップがあれば自然と目につきやすいと思う。(20代/女性/大阪府/学生)
  • 値段や効果が分かりやすく書いてあるポップを座っている鏡の前に置いておく。(30代/女性/千葉県/専業主婦)
  • 商品に付いているポップが購入を検討する際に参考になるので良いと思う。オススメの髪質やお店で使用中などの手書きのポップがあると興味を惹かれる。(30代/女性/兵庫県/専業主婦)

▼もっと見る

  • 鏡の前のテーブルの上に、シャンプーなどのセール中の案内が置いてあり、興味を持ちました。(50代/女性/神奈川県/専業主婦)
  • 色々種類があってわかりにくいので、どんな効果があるのか等わかりやすく書いてくれるといいと思います。(30代/女性/愛知県/専業主婦)
  • まずは、いい商品を使うこと。美容師さん自身がいいと思って使用しないと伝わらない。そして、実際にお客さんに使用し、興味がありそうな素振りが見られたなら売っていると声を掛ける。明らかに販売目的と分かる勧誘をされると嫌な気持ちになるので、あくまでもさりげなくがポイント。また、机の上や目につく場所に商品と価格が書いた張り紙などがあると気になった場合にこちらから声をかけやすい。(30代/女性/京都府/正社員)
  • 使用感についてのレビューが店舗に掲載されていることやその専売品の強みが掲載されていること。(30代/男性/青森県/正社員)
  • 商品の説明と一緒に使い方の写真や動画、ビフォーアフターのような分かりやすい画像があれば欲しくなる(30代/女性/愛媛県/専業主婦)

 

《キャンペーンや値引き(7票)》

  • 実際に使って香りや髪の手触りなどを確認させてもらえると客は安心すると思います。値段がちょっと高いので、スタンプカードが貯まったら◯%オフとかも購入のきっかけになると思います。(30代/女性/東京都/派遣社員、契約社員)
  • 私が通っている美容院ではポイントカードのポイントがたまると店販商品用の値引き券として使えるので、普段手が出しにくい商品も値引きがあるなら買ってみようと思える仕組みになっていると思います。(30代/女性/岩手県/自営業、自由業)
  • 元々高額な物が多いので、相当な割引やお得感が無いとなかなか購入意欲が湧きません。(40代/女性/千葉県/専業主婦)

▼もっと見る

  • もう少し値段がお手頃だと有難いです。(30代/女性/神奈川県/専業主婦)
  • 実際の値段より少し安くする。(40代/女性/東京都/正社員)
  • 今ネットで安く購入できるため、値引きやポイントアップがあれば良いと思います。(30代/女性/大阪府/その他)
  • 値段を下げる(30代/男性/群馬県/派遣社員、契約社員)

 





 

まとめ

以上、お客様に聞いた「店販商品をつい買いたくなるアイデア」をピックアップしてご紹介しました。

美容師さんの営業トークや勧め方に関する意見が多く、「適切に説明し勧める」が19票「さり気なく控えめに勧める」が16票ありました。

どちらにしても押し売りや過剰なアピールは買いたくなくなるという意見が多く、「ストレスでもうその店舗へ行きたくなくなる」という意見もありました。

また、サンプルやPOPで商品を知ってもらうことや、ちょっとした値引きやキャンペーンも、購入のきっかけとして重要であるようです。