お役立ち情報

76%が美容院代の節約を「考えている」と回答。物価高騰下における美容院利用に関するアンケート調査



調査概要

2022年、急激な円安の影響もあり、物価の上昇から家計が苦しくなってきています。
そんな中、電力不足や水不足も叫ばれており、節約、節電、節水と様々なところで生活を切りつめる必要が出てきました。

では、「美容院代」の節約についてはどのように考えているのでしょうか?
 
今回は、全国の20代〜50代の男女を対象に、「美容院代の節約を考えていますか?」のアンケート調査を実施しましたのでご紹介いたします。
 

調査対象 全国の20代〜50代の男女
回答数 100
調査期間 2022年6月29日~ 2022年6月30日
調査方法 インターネット調査

回答者属性

男女

年代

都道府県

職業

 

76%が美容院代の節約を「考えている」と回答


 
「美容院代の節約を考えていますか?」の質問では、『真剣に考えている』が37%、『少し考えている』が39%、『あまり考えていない』が17%、『全く考えていない』が7%という結果となり、76%の人が節約を考えていると回答しました。
 
では、節約を考えている方は具体的にどのような節約方法を検討しているのでしょうか。以下に節約を考えていると回答した方の主な節約方法をまとめました。
 

《 考えていると回答した方の主な節約方法 》

  • 行く頻度を下げている(30代/女性/岩手県/専業主婦)
  • 利用回数を減らす、安価なお店にする(30代/女性/岩手県/専業主婦)
  • 美容院に行く時は技術向上やアシスタントの練習として施術してもらえるアプリを使用することで値段もかなり安く抑えています。(30代/女性/愛知県/その他)
  • 美容院のグレードを落とす、ヘアカラーはやめる、また、自宅でのセルフカットを始めてみようかと考えている。(40代/女性/愛知県/パート、アルバイト)
  • 1000円程度でカットしてもらえる安い床屋で済ませようか検討しております。夏休みを利用して、一度近所の安い床屋に行ってから判断したいと考えています。(50代/男性/愛知県/正社員)
  • とにかく髪の毛を伸ばす。伸びると広がる毛質なので美容室でも あまり多くすいてもらえなくなるので、伸ばすのがいちばんの節約。(30代/女性/宮崎県/パート、アルバイト)
  • 極力支出をへらすため、先延ばしして年間にかかる費用を抑えている。(40代/男性/宮城県/正社員)
  • 一般的な料金の美容院から、1,000円カットの店に変えた。カラーは自宅で自分でしている。これで月の美容院代が2,000円でおさえている。(40代/女性/宮城県/派遣社員、契約社員)
  • 全て自分でカットする(20代/女性/群馬県/正社員)
  • カラーは自分で行う(20代/女性/埼玉県/正社員)

▼もっと見る

  • 今まではヘアカラーを明るめにしていました。生え際がすぐ黒くなってくるのでこまめに美容室へ通いそれなりに年間通したら金額もかかっていたと思います。なので最近だいぶ地毛に近い色へカラーリングしました。長い髪もカットしたのでしばらく美容室は行かなくて良さそうです。(40代/女性/東京都/派遣社員、契約社員)
  • 白髪染めとカットのために2か月に一度美容院へ行っていますが、自分で市販の白髪染めを買って自宅で染め、美容院へ行くのは5か月から6か月に一度にして美容院代を減らそうと思っている。(50代/女性/福井県/正社員)
  • なるべく通わないようにする(20代/女性/福岡県/派遣社員、契約社員)
  • 妻に切ってもらうこと、少し長めのスタイルにして美容院に行く回数を減らすことなど考えています。(40代/男性/埼玉県/正社員)
  • 行く回数を減らす(30代/女性/神奈川県/パート、アルバイト)
  • 床屋に行かずに自分でカットする。(50代/男性/神奈川県/正社員)
  • 今までは、2ヶ月に1度カットして、4ヶ月に1度カラーリングしていましたが、カットは3ヶ月ごとにして、カラーリングは家でやることにしました。年間、2万円以上節約になります。(50代/女性/神奈川県/専業主婦)
  • 美容院に行くことを控えるようになりました。なので前髪は自分で切ってカラーも自分でやっています。(40代/女性/青森県/専業主婦)
  • カラーやパーマをやめる、または、毎回のオーダーはやめる。(50代/女性/静岡県/専業主婦)
  • カットの質を下げたくないので、行く頻度を以前より減らすようにしています。また美容師にもそれを伝えて、長くセットが持つようにカットしてもらっています。(40代/男性/千葉県/正社員)

 
続いて、美容院代の節約を考えていないと回答した方の理由をまとめました。
 

《 あまり考えていないと回答した理由 》

  • くせ毛で縮毛矯正をしています。美容院代を節約すると髪型のセットが毎日大変になり、ストレスがたまりそうなので今のところ考えていません。(30代/女性/宮城県/専業主婦)
  • 月に一度の自分へのご褒美なので。(50代/女性/埼玉県/正社員)
  • ひどいくせ毛をコントロールするためには美容院に行くことが必須なので、致し方ない必要経費と考えている。(30代/女性/新潟県/専業主婦)
  • 定期的に縮毛矯正をかけないと困ってしまう髪質なので、見た目だけでなく、日頃の手間やストレスをなくすためにも美容院に行くことが必須だからです。(30代/女性/神奈川県/パート、アルバイト)
  • 美容院=身だしなみ&息抜きの場なので、あまり節約は考えていません。頻度も2ヶ月に1回来店位。(40代/女性/千葉県/パート、アルバイト)
  • 1回のカット代が5,500円で、1〜1.5ヶ月に1回の割合で通っている為、今のところはそれほどの負担となっていないので。(50代/男性/大阪府/正社員)

▼もっと見る

  • ショートカットなので、定期的にカットが必要な為。(30代/女性/長野県/正社員)
  • きれいでいたいし、身だしなみは大切なので節約は考えていない(40代/女性/東京都/専業主婦)
  • 元々それほど頻繁に美容院を利用しているというわけではなく、大事なイベントの前などきちんと整えたい時に利用するので、美容院利用を減らすことはないと考えています。(30代/男性/奈良県/自営業、自由業)
  • 元々頻繁に行く方ではありませんでしたが、今はそれに加えて『これ以上は無理!飽きた!堪えられない!カットする!!』と言う感じの限界が来る迄は伸ばす(伸ばしたい)と言った状況なので、もう暫くは行かなくて(考えなくて)良いかなと思っているからです。(30代/女性/福島県/無職)
  • 数ヶ月に一回、自分をキレイにするための必要経費だと考えているから。また自分はカラーやパーマはやってなくて、カットだけで済んでいるため。(30代/女性/兵庫県/専業主婦)
  • 元々美容代に使っている金額が高くないから(20代/女性/兵庫県/正社員)
  • 美容院代を節約するくらいなら他のものを切り詰める。綺麗でいたいので、美容院に限らず、化粧品や衣服にかかる費用を節約したくない(30代/女性/北海道/正社員)

 

《 全く考えていないと回答した理由 》

  • 年齢とともに髪質が悪くなってきて、きちんとお手入れして清潔感を保ちたいから。見た目の印象は、髪と肌が1番重要だと考えるから。(40代/女性/愛知県/パート、アルバイト)
  • 行く頻度が多くないので、そこを節約しても影響はないと思っているので。(30代/女性/岩手県/正社員)
  • プライベートだけではなく仕事をするうえでも、髪は人の印象を大きく左右するため、信頼できる美容師さんのいる美容院代は大切な投資、そのため美容院代の節約は考えてはいません。(40代/女性/山梨県/正社員)
  • 元々滅多に美容院に行かないからです。(30代/女性/滋賀県/派遣社員、契約社員)
  • 気にするほどの料金で利用していないから(40代/男性/鹿児島県/無職)
  • 節約するものではないと考えます。美容代以外を節約します。(30代/女性/東京都/正社員)

 

 




 

美容院代に対する節約志向が高まっている

物価高騰下における美容院代の節約について調査したところ、76%の方が節約を考えていると回答しました。
 
主な節約方法としては「通う頻度を減らす」「セルフカット(カラー)する」「今よりも安い価格帯のサロンに変更する」という意見が多くを占めました。毎回ではなくとも、セルフカットやセルフカラーを数ヶ月に1回程度することで、美容院に行く頻度を減らして節約したいと考える人が多いようです。特にヘアカラーに関しては市販の安いもので自宅で行いたいという意見や格安のカラー専門店を利用したいという意見が多く、ヘアーカラーに対しての節約志向が高まっていると考えられます。
 
美容院代の節約を考えていない方の意見としては「身だしなみは大切だから」「美容院でないとできない施術があるから」「元々行く頻度が少ない」という意見が多くありました。くせ毛などで縮毛矯正をかけている方にとっては、自宅では行いにくい施術なので、美容院代は節約は難しいようです。また、見た目や身だしなみに関することは節約したくないと考える人もいて、美容院代は自分への投資だと考え、それ以外のところで節約を行い、美容に関してはしっかりお金をかける方が一定数いることがわかりました。
 
物価高騰により生活費全体が上がって行く中、美容院代についても非常に多くの方が節約したいと考えており、美容院代に対する節約志向が高まっていることがわかりました。

セルフカットやセルフカラーもいいですが、やはり美容院でプロの美容師に髪を綺麗にしてもらうことで身だしなみも気分も良くなると思います。一刻も早くこの物価高騰が収まることを願います。

 

《調査結果の引用・転載について》

本レポートの著作権は、株式会社ノーマリズムが保有します。
引用・転載される際は、「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )へのリンクと出典を明記してご利用いただくようお願いします。
調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。