お役立ち情報

「美容院」vs「美容室」では「美容院」が圧勝の結果に!理美容にまつわる普段使っている言葉についてのアンケート調査。



調査概要

過去に「「美容室」と「美容院」どっちを使う?どっちが正しい?」という記事を書きましたが、実際に世間では普段どちらの言葉を使っている人が多いのでしょうか。

今回は、美容院や美容室、理容院や理容室など、複数の言い方がある言葉や方言がある言葉について、全国の10代〜50代の男女を対象に「普段あなたはどっちの言葉を使っていますか?」のアンケート調査を実施しましたのでご紹介いたします。

 

調査対象 全国の10代〜50代の男女
回答数 100
調査期間 2021年11月10日~ 2021年11月12日
調査方法 インターネット調査

回答者属性

男女

年代

都道府県

職業

 

質問

【Q1】 「美容院、美容室」について、あなたが普段使っている言葉を教えて下さい。

 

(美容院: 74, 美容室: 25, パーマ屋: 1, ヘアサロン: 0, ビューティーサロン 0, 美容所: 0)
 
「美容院、美容室」について普段使っている言葉は、「美容院」が74%で最多という結果となりました。
 

【Q2】 「理容院、理容室」について、あなたが普段使っている言葉を教えて下さい。

 

(床屋: 56, 理容室: 19, 散髪屋: 11, 理容院: 8, 理髪店: 3, ヘアサロン: 3, バーバー: 0, 理容所: 0)
 
「理容院、理容室」について普段使っている言葉は、「床屋」が56%で最多という結果となりました。
 

【Q3】 「パーマの施術」について、あなたが普段使っている言葉を教えて下さい。

 

(パーマをかける: 88, パーマをあてる: 12)
 
「パーマの施術」について普段使っている言葉は、「パーマをかける」が88%で最多という結果となりました。
 





 

まとめ

「美容院」と「美容室」ではインターネット上での検索頻度は同等程度ですので、大きな差は無いものと予想していましたが、結果は「美容院」が74%と大差をつけて圧勝することとなり、世間一般では「美容院」が普段使いされていることが分かりました。

 

「理容院」については「散髪屋」や「バーバー」など様々な言い方がありますが、正式用語が「理容所」ですので「理容院」か「理容室」が一番多いと予想していました。

結果は「床屋」が56%で最多となり驚きの結果となりました。

 

「パーマの施術」については、「パーマをかける」が88%で、ほとんどの方が「パーマをかける」を使用していることが分かりました。

「パーマをかける」、「パーマをあてる」の言い方については方言という説があり、「パーマをあてる」は主に関西圏で使われているようです。

ちなみに「パーマをあてる」と答えた方の地域を見てみると、大阪(5)、兵庫(1)、京都(1)、高知(1)と西日本の方が多くなっており、東日本では東京(1)、千葉(1)、群馬(1)、新潟(1)となっておりました。

 

《調査結果の引用・転載について》

本レポートの著作権は、株式会社ノーマリズムが保有します。
引用・転載される際は、「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )へのリンクと出典を明記してご利用いただくようお願いします。
調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。