お役立ち情報

梅雨の髪型に悩んでいる人は90%!梅雨時期の髪の悩みに関するアンケート調査。



調査概要

ジメジメして湿気の多い梅雨は、髪が広がってしまったりうねったりして思うようにヘアスタイルを維持することが難しい時期になります。

梅雨時期には髪の悩みを抱える人が多くなると言われますが、実際に「悩んだことがある」という人の割合はどのくらいなのでしょうか?

また、「広がり」「うねり」など具体的な悩みとして最も多いものは何になるのでしょうか?

今回は、そんな疑問とみんなが行なっている梅雨対策について調査いたしましたのでご報告いたします。

 

調査対象 全国の20代〜50代の男女
回答数 100
調査期間 2021年6月7日~2021年6月9日
調査方法 インターネット調査

 

回答者属性

男女

年代

都道府県

職業

 

質問

【Q1】 梅雨時期に髪の状態について悩んだことはありますか?

 

(はい: 90, いいえ: 10)
 

【Q2】 具体的にどのようなことで悩んでいますか?

 

(広がり: 40, うねり: 38, パサつき: 6, ベタつき: 5, 抜け毛・薄毛 :1, 悩みはない: 10)
 

【Q3】 梅雨対策で具体的に行なっていることがあれば教えてください。(自由記入)

 

《「広がり」に悩む人》

  • いつもより、ヘアアイロンでしっかりとストレートにしている。しかし、時間が経つと広がってしまうので諦めています。(40代/女性/埼玉県/パート、アルバイト)
  • 広がってしょうがない時はまとめ髪にする(40代/女性/佐賀県/専業主婦)
  • ・短めにカットしてもらう・ブローを丁寧に行い、ヘアクリームをつけて広がらないようにする。(50代/女性/神奈川県/専業主婦)
  • この時期は、散髪で髪を普段より短くしています。(40代/男性/神奈川県/派遣社員、契約社員)
  • スタイリング剤をつけて髪の毛を落ち着かせるようにしている。(40代/女性/徳島県/専業主婦)
  • ・お風呂の際、ヘアパックをして髪のダメージを修復する・ヘアアイロンでうねりを伸ばした後、ヘアオイルを髪になじませる(20代/女性/千葉県/専業主婦)
  • べとつかないタイプのヘアオイルをつけて広がりをなるべく抑えている。(50代/女性/東京都/自営業、自由業)
  • いつもよりしっかりめにアイロンで広がりを抑える(40代/女性/大阪府/専業主婦)
  • スタイリングしても結局広がってくるので、出かける時は束ねるようにしている。(50代/女性/京都府/パート、アルバイト)
  • お風呂あがりはしっかりドライヤーで乾かしておく。髪が濡れたまま寝れない。出かける前にしっかりブローする。まとまりが悪い時はポニーテールなどしっかり結んでしまう。かわいいアレンジをしようと思わないようにする。(30代/女性/神奈川県/専業主婦)

 

《「うねり」に悩む人》

  • まとめ髪のスタイルにしている。ミニサイズのスタイリング剤を持ち歩くようにしている。(40代/女性/東京都/自営業、自由業)
  • 梅雨前に縮毛矯正をするようにしている(20代/女性/福岡県/自営業、自由業)
  • くせ毛なので、きっちりブローしてから冷風に切り替えてしっかり時間をかけて毛を落ち着かせ、スーパーハードスプレーで固める(40代/男性/北海道/自営業、自由業)
  • 特に前髪がうねるので、アイロンで伸ばしている。(30代/女性/北海道/正社員)
  • 梅雨までに髪を伸ばして常に結った状態でいる。結った毛先も広がる時はシニョンにして毛先を隠す。(20代/女性/京都府/パート、アルバイト)
  • 朝の支度でヘアアイロンをきつめにあて、絶対に濡れないように傘をさす。(40代/女性/大阪府/パート、アルバイト)
  • しっかり髪を乾かしてから寝る(30代/女性/千葉県/無職)
  • 朝しっかりとアイロンをして、オイルかケープをしっかりめにつけるようにする。(20代/女性/兵庫県/学生)
  • スプレーなどで固める。どうにもならない時は髪を結ぶようにしている。(30代/女性/広島県/その他)
  • アイロンを持って外出しています。(30代/女性/神奈川県/正社員)

 

《「パサつき」に悩む人》

  • ヘアオイルを塗る(30代/女性/福島県/専業主婦)
  • 髪にオイルを馴染ませてからドライヤーをかけています。(30代/女性/新潟県/パート、アルバイト)
  • いつもより多く、ヘアトリートメントを使う。(50代/女性/神奈川県/パート、アルバイト)
  • ヘアトリートメントを念入りにやる(40代/女性/茨城県/パート、アルバイト)
  • ワックスを使ってます。(30代/男性/群馬県/正社員)

 

《「べたつき」に悩む人》

  • ベタついて気持ち悪いので髪を束ねるようにしている。(40代/女性/兵庫県/自営業、自由業)
  • トリートメントをいつもよりもしっかりするのと、お風呂上がりのブラッシングをいつもよりもしっかりしています。(30代/男性/大阪府/正社員)
  • できるだけ朝にお風呂に入ります。(30代/男性/大阪府/正社員)

 

 





 

まとめ

梅雨時期に髪に関して悩みを抱える人は全体の「90%」とほとんどの人がこの時期に何かしら髪について悩んでいるということがわかりました。

悩みの傾向としては、「広がりとうねり」が大半を占め、一部でパサつきやベタつきという悩みを持つ人もいました。

大気中にある湿気を乾燥している毛髪が吸収して、その影響で髪が膨らむことで「広がりやうねり」が発生しますが、やはり、梅雨時期特有の湿気の多さでこれらの悩みを抱える人の割合が多くなっているようです。

 

梅雨時期の髪のケア、対策としては悩みの種類によって差異はなく、「ヘアアイロンをしっかり目にやる」「スタイリング剤、ヘアオイルをつける」「ヘアトリートメントを念入りにやる」「縮毛矯正をかける」等の対策が見られました。

広がりやうねり自体を起こさないように改善を図るものもあれば、「まとめ髪にする」「髪を短くする」などのように、梅雨時期にだけヘアスタイルを変える意見も多く見られました。

 

ほとんどの人が悩んでいる梅雨時の髪・ヘアスタイル。
みなさんもしっかり梅雨対策をして、この時期を乗り越えていきましょう!

 

《調査結果の引用・転載について》

本レポートの著作権は、株式会社ノーマリズムが保有します。
引用・転載される際は、「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )へのリンクと出典を明記してご利用いただくようお願いします。
調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。