お役立ち情報

美容室を使い分けしている人は28%!美容室の使い分けに関するアンケート調査。



調査概要

この度ヘアログスペシャルでは、全国の20代〜50代男女を対象に「美容室の使い分けに関するアンケート調査」を実施しました。

そのアンケート結果をもとに、美容室の使い分け状況をまとめましたのでご紹介いたします。

 

調査対象 全国の20代〜50代男女
回答数 100
調査期間 2021年5月10日~ 2021年5月12日
調査方法 インターネット調査

回答者属性

男女

年代

都道府県

職業

 

質問

【Q1】 複数の美容院を用途や目的、予算などで使い分けしていますか?

 

(はい: 28, いいえ: 72)
 

【Q2】 どのように使い分けしているか具体的に教えて下さい。

 

  • 一つは個人経営の落ち着いた雰囲気の美容院です。カットとカラーに加えて、髪に優しい独特のトリートメント(マッサージつき)がとても気持ちいいので、3時間近くゆったりと余裕のできる時に贅沢タイムとして使っています。そこは毎月通うには高いので、もう1件はいわゆる10分カットのお店です。前髪が気になって、うっとおしくなった頃にささっと全体のボリュームも減らしてもらいながら切ってもらっています。とても安いので助かっています。(50代〜/女性/兵庫県/パート、アルバイト)
  • もともとくせ毛で年に2回縮毛矯正をしています。施術費が高いのですが髪がサラサラになるので10年以上同じ縮毛矯正専門店に通っていて、普段のヘアカラーやトリートメントは近所の安い美容室で使い分けています。(30代/女性/東京都/正社員)
  • 低料金の美容院で時短と節約のためシャンプーやブローなしで毛先を揃えたり前髪を整えたりする。時間と予算のある時や髪型で悩んでアドバイスが欲しい場合はお気に入りの美容師がいる美容院に行く。(40代/女性/大阪府/パート、アルバイト)
  • カットやカラーの時と、アップやメイクの特別な時のヘアセットの時で変えています。普段使いは髪質や好みを知っている美容師さんにやってもらいたいので、通えない範囲に引っ越さない限り変えたくありません。ヘアセットの場合は、パーティーや結婚式の前に家から会場の間のアクセスのいいエリアで、短時間でセットしてもらえる専門型のお店を利用します。(30代/女性/東京都/正社員)
  • 子供と行く美容院と自分だけで行く美容院を分けています。子供とは、キッズカットのある美容院に行きます。どんな子でも対応してくれると、ママ友からの口コミで評判だったからです。手頃な価格で施術も素早く丁寧で助かってます。自分が行くのは、カラーのメニューが充実しているところに行きます。(30代/女性/東京都/専業主婦)
  • 毛染めの店舗とカットの店舗をわけてます(50代〜/女性/兵庫県/パート、アルバイト)
  • 同じ系列の美容院で使い分けていて、予約状況で変える。(30代/女性/福岡県/派遣社員、契約社員)
  • 給料日前にカットしたい時は値段の安い所でカットだけしてもらいます。普段は違う店でカラーやカットをしてもらいます。(50代〜/女性/東京都/正社員)
  • 髪を切るときと、髪を染めるだけの時で使い分けている(20代/男性/長野県/正社員)
  • 髪を整えたい時の安い散髪屋としっかりとカットしたい時の美容室を使い分けています。(30代/男性/広島県/自営業、自由業)
  • カラーリング、カットで分けてます。(30代/女性/大阪府/正社員)
  • ちゃんとカラーやパーマをするときとカットだけのときで使い分けています。(20代/女性/埼玉県/専業主婦)
  • 片方は店主と話が合うので何に数回話をしに行く感覚で通っています。もう片方はお店の雰囲気が好きでアクセスもしやすい場所にあるのでメインで使っています。(30代/男性/広島県/正社員)
  • カットだけならA店舗のほうが安いからA、カットとカラーするならB店舗の方が安いからBに。という感じで価格で使い分けしている。(20代/女性/福岡県/自営業、自由業)
  • リタッチで済む時は、安めのところに行くようにしたいます。(30代/女性/東京都/パート、アルバイト)
  • お財布に余裕があるかないか。(40代/女性/埼玉県/専業主婦)
  • 基本は近場のいつも行っている美容院をホットペッパービューティーで予約して、遊びに行く時に髪を切りたくなった場合には移動先で近場の美容院を調べて遊ぶ時間より早めの時間に予約するって感じにしてます。(20代/男性/兵庫県/派遣社員、契約社員)
  • 普段の白髪染めとカットはホットペッパーでお安く、パーマをかけるときはちょっと高いけど信頼のあるサロンに行きます。(50代〜/女性/岡山県/正社員)
  • カット カラー パーマ(50代〜/男性/福岡県/自営業、自由業)
  • 新規で行くと安くなるクーポンが使えるので、近場にあるいろんな店舗に行っています。(30代/男性/大阪府/派遣社員、契約社員)
  • 縮毛矯正をかけるときだけ、遠くても上手なお店に通います。カットの時は、近所の店舗に行きます。(40代/女性/兵庫県/自営業、自由業)
  • 娘の美容院と、私の美容院で使い分けしています。自分用の美容院では、縮毛矯正用と、カラーリング用で使い分けしています。(40代/女性/神奈川県/パート、アルバイト)
  • カラーとカットでお店を使い分けしています。(20代/男性/千葉県/正社員)
  • 基本的にカットのみでしか利用せず髪型自体も強いこだわりがある訳では無いので、切ろうと思った時に近くにある店舗や空いていそうなお店を選んで行っています。(30代/男性/東京都/正社員)
  • 長さだけ変えたい時や整えてもらう時は、安いシャンプー無しの店舗に行き、スタイリングを変える時は少し高めの店舗に行きます。(20代/女性/神奈川県/無職)
  • カットする時は行きつけの少し高いお店で、年に2回行きます。根本のカラーをする美容院は予約なしでいける、安いお店で年に4回は行きます。(30代/女性/千葉県/正社員)
  • カットのみの時と、パーマやカラーリングをする時で使い分けています。(30代/女性/東京都/正社員)

 

 

 

まとめ

アンケート結果をまとめると、回答結果から美容室を使い分けしている人は28%という結果となりました。

 

“どのように使い分けしているか”の回答を大別すると、

「施術メニュー(カットとカラー、パーマ、縮毛矯正など)によって使い分け」

「予算(メインとサブ、デザインカットとメンテナンスカットなど)によって使い分け」

の主に2タイプでした。

 

使い分ける美容院の店舗数は、ほとんどが2店舗を使い分けており、多くても3店舗までとなっておりました。

 

近年では、格安のカット専門サロンやカラー専門サロンが普及しており、それらをうまく利用し使い分けをしている人が増えているように思われます。

また美容室の増加によって、各美容室はそれぞれ独自の強みや特徴を掲げて営業しており、美容室の多様化も影響しているかと思われます。

この美容室を使い分ける傾向は今後さらに高まるのではないでしょうか。

メインの美容室もサブの美容室も、ぜひヘアログであなただけの行きつけサロンを見つけてください。

 

《調査結果の引用・転載について》

本レポートの著作権は、株式会社ノーマリズムが保有します。
引用・転載される際は、「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )へのリンクと出典を明記してご利用いただくようお願いします。
調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。