お役立ち情報

日本初 ”完全無人のヘアサロン” って何?



先日、ANNニュースチャンネルで「美容師不在“無人ヘアサロン”」と題したニュースが取り上げられました。

 

「無人ヘアサロン」と最初に聞いた時は、美容師がいない美容室って何?誰がどのような目的で利用するの?といった疑問が湧いてしまいましたが、詳しく調べてみると意外な需要が明らかになりました。

 

 

3月7日で表参道にOPEN「standy」

株式会社353がセルフヘアサロンとして表参道にOPENさせたのが「standy」です。美容師のいない完全無人の美容室になります。日本初の使い放題の無人サロンとして、今話題沸騰中です。

 

無人サロンって何?何ができるの?

前述の通り、無人サロンとは美容師はもちろん、受付のスタッフなど誰もいない完全無人の美容室のことを言います。「standy」はセルフヘアサロンとして、自分自身でトリートメントやヘアアイロンを使用し、セットやアレンジ、ヘアケアなどを行えます。

 

誰が使うの?

新型コロナウイルスの影響で人と接することに億劫な時代、安心してヘアアレンジやヘアケアをしたいという人や、レプロナイザー、ケラスターゼなど憧れのヘアエステ製品をもっと気軽に使いたい人に特に人気があるようです。お昼休みや仕事帰りなど、ふらっと立ち寄れるところが使い勝手が良さそうです。

 

値段は?

「standy」では基本的にサブスク(月額定額制)を導入しています。月額¥1,200(税込)でお店が使い放題となっています(1回最大90分)。ドロップインと言われる1回ごとに利用できるコースもあり、1回30分(¥990)で利用もできます。

 

https://site-1895051-913-147.mystrikingly.com/

 

予約が必要?

「standy」では利用する日にち、時間を事前に予約してから利用します。予約の2日前に届くメールに、サロンのドアを開ける為の暗証番号が添付されているので、ロックを解除して入店する仕組みです。

 

利用手順は?何ができる?

事前に予約を済ませ、解除コードでお店に入店したら、設置してあるアルコールで手指の消毒を済ませ、自分のブースに入ります。備え付けのライトのあかりを自分好みに調整することもできます。

髪の悩みからおすすめのトリートメントがわかる髪質診断マップやトリートメントの特徴や使用量の目安もわかるマップが用意されており、店内の製品が使いたい放題。左右で違うトリートメントを試したりもOK。

気になった商品はQRコードから利用方法を確認できます。

ヘアアイロン、ドライヤーを利用してヘアアレンジをすることも可能です。寝癖直し、水スプレー、タオル、スマホ台、除菌シートなど嬉しい設備も盛り沢山です。

90分以内であれば、すべて使い放題なのでプライベート空間で満足のいくまで過ごすことができます。

 

 

まとめ

憧れのヘアケア商品や美容機器が使い放題で月額¥1200はとても良心的な値段だと感じます。職場やご自宅が近い人は仕事終わりや仕事前、お昼休憩に利用したり、表参道という立地からお出かけの際のお化粧直しなどにも良さそうです。

サンプル商品などお店では実際に試すことが億劫になってしまったり、ゆっくり試すことができないこともあるかと思いますが、「standy」では数多くの良質な商品をゆっくり自分で試すことができます。

友人と一緒に利用することも可能(お一人様1部屋ずつを予約)なので、お互いにアレンジしあったり、撮影しあったりと利用用途も様々。

 

これからセルフヘアサロン、無人美容室が増えてくるのか、今後の動向が気になるところです。

 

standy
住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目16−17
公式WEB: https://site-1895051-913-147.mystrikingly.com