お役立ち情報

コロナ後遺症の「脱毛(抜け毛)」が怖い!



現在も新型コロナウイルスが猛威を奮っていますが、皆さんは無事にお過ごしでしょうか?

2020年1月に日本国内ではじめての新型コロナウイルス感染者が見つかってから約一年、現在において20万人以上の感染者が見つかっております。

未知な部分が多い新型コロナウイルスですが、これまでの数多くの症例から新型コロナの後遺症の実態が徐々に明らかになってきました。

 

主な後遺症は「息切れ」「けん怠感」「嗅覚異常」、そして「脱毛症」が挙げられています。

ある調査によると、息切れやけん怠感、嗅覚異常の症状は10%程度の人にみられたのに比べ、脱毛症については2割以上の人にみられたという結果があったそうです。

後遺症の脱毛症状については、退院3日目から発症した人や、2カ月ほどたってから発症した人など様々で、日本の国立国際医療研究センターが行った調査では、

「4人に1人に抜け毛の症状。持続時間は平均76日で、発症後30日頃から現れて、長い場合は発症後120日くらいまで」という調査結果でした。

※参考記事: 「コロナ感染 後遺症で4人に1人が脱毛、平均で76日続く」

 

脱毛症状が発症したら、完治するのかどうかもまだ分かっておりません。

既に新型コロナに罹った方にはお見舞い申し上げますが、まだ罹ってない方はぜひとも気をつけて年末年始をお過ごしください。

脱毛となると、みんな大好きなヘアスタイルが楽しめません。

「うつさない,うつらない」に気をつけて、年末年始を静かに過ごしましょう。